>   >  クレジットキャッシング枠と専用キャッシングと

クレジットキャッシング枠と専用キャッシングと

キャッシングと一口に言っても金融機関の提供によって少し毛色が 違ってきます。どういったタイミングでキャッシングしたいと思うかとか その時の目的金額や状況によってどれを使っても良いとなるでしょうが、 よく比較対象としてあげられるのがキャッシングとはで言っている クレジットのキャッシングとそのほかのキャッシングです。

どちらがいいのか?という点で考えるとどちらでもいい。 というのが答えになるのですが、クレジットのキャッシングと 通常の消費者金融系キャッシングは小額のお買いものなどに 最適と言えるのかと思います。これをAグループと考えます。ではBは? それ以外の総量規制対象外のローンをBグループと考えます。 別に考える必要もないのかもしれませんが大きく見た時に どうちがうの?という質問を受けたので。。。 続けます。

2つに分けるのであれば目的を達成できるかどうかを重視する

当然ですが総量規制対象となっているキャッシングは年収の3分の1までしか 借り入れができません。実はクレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象外であったりはします。 ですが、実際のところみんなクレジットカードとしての利用をするので枠としては それほど多くはついていません。電話をすれば広がるというのもありますが。 とはいえ、クレジットカード会社もそのクレカに設定している限度額がありますので こういった記事にまとめるときにクレカならという言い方が難しいですね。 キャッシングに強いクレカであれば話は別です。

と話はそれましたが、最初に借入目的を決め 年収の3分の1以上であれば総量規制対象外の銀行カードローンから検討する。 それ以外は先ほどのA、クレカキャッシング枠、もしくは消費者金融系などの キャシングどちらかを選ぶ。というのがいいのではないでしょうか。

但し、クレカの場合は既に持っている場合がいいかなと思います。 審査時間が1カ月くらいかかるカードもあるので。