>   >  スピードはキャッシングの花形競技?1秒の差はサービス全体の差

スピードはキャッシングの花形競技?1秒の差はサービス全体の差

人間はスピードの早さは本能的に反応をしてしまうものなのかもしれない。陸上とかスポーツ全般の競技を見ても、100メートルの早さを競い、球技ではチームプレーもさることながら、個人の身体能力の高さ、その中の俊敏性や走る早さに目を見張ってしまう物です。そして、何千、何万という競争の中からNO1のスピードの速さを誇る者をもてはやすのです。

キャッシングもサービス分類していくと「スピード(審査/融資まで/現地からのATM迄の距離)」「金利」「限度額」「スタッフの対応能力」等があると思いますが、断然人気なのがスピードです。企業はこぞって当社は即日融資ができます。と歌いますが、オリンピックでいえば男子100mの世界レベルは10秒代が当然で金メダルは個人レコードで9秒代を持っている選手ばかりです。

1秒って数字だけを冷静に見つめると、たかが1秒とも取れますが全世界の人類が注目するスポーツであれば1秒、いや0.01秒まで注目され、選手はその壁を乗り越える努力をしているわけですね。すごい。まあ、実際に生でとか、中継でもいいですが見てみると、数字とは全く違う「差」というか、NO1の実力が体で感じることができますね。

たったの1秒を馬鹿にするのか?改善していくのかで雲泥の差が生まれる?

こう考えるとスポーツまでとはいかなくとも、キャッシングサービスがこぞって即日融資を提供し、1日の戦いではなく秒単位の戦いを争って(競い合う)いる様に感じてしまいます。サービスは、怠慢、おごりに気がつかづ衰退していくことが多いですが、競合がいるとそれを防ぐことができますね。秒単位で(実際はそんなこと考えているかはわかりません)目には見えない努力を積むことにより、アスリートが走る100mの0.1秒の差が目でみるとこれほどまでに違う距離なのか。。という体感に繋がるのかもしれません。

但し、実際にはHP上に表示する文言とかは法律が厳しい為、実際に1秒で借りれたとしても書くことはできないでしょう。今書かれているのは1秒とかで簡易審査できるよ。というくらいでしょうか。実体としては、例えば金田さんという年収300万の新卒サラリーマンがいたとして、3社同時申込でスピードを実証するというのは不可能なんですね。

これは、消費者金融や銀行それぞれ違う機関ですが、信用情報機関に確認を取るためですね。様はまっさらな状態で、100m走の様に並んで同じ環境でよーいドンは不可能という意味です。実験するならば、Aさん、Bさん、Cさんとか別々の人間で、スペック(年収、年齢、借入履歴)とかまったく同じ状態の方を集めて、判定するくらいしかできないかな。

ネットの申込フォームに入力し、いっせーのせ「申込」をクリックし、そこから融資までの時間を計ってみるとかそういう事をしないとです。(やってみようかしら)

花形競技(スピード)のトップランナーは総合能力も高いのは間違いがない

さて、強引な例えの様に見えたかもしれませんが、実はあながち間違いでもない気がするのです。陸上で言うと花形競技のスピードスターは身体能力的に非常に高いものをもっており他の競技もそこそここなすことができたりします。これは消費者金融やキャッシングも同様で、スピードの速さに力があるキャッシング会社は組織の母体が一定以上の物を持っていると言ってほぼ間違いないでしょう。基礎体力があり組織力があるからこそ、スピードキャシングを実現できるといて問題ないでしょう。

関連:即日で借りたい場合に注意したいこと(時間/金融機関/ケーススタディ)