>   >  キャッシングとは

キャッシングとは

キャッシングは現金に換える、小口の融資を受けるという意味です。
つまりクレジット会社や消費者金融などから、ATMやCDを通して現金を借りると言うことです。
本人確認できるものがあれば、保証人がいなかったり担保がなかったりしても
借りられることが多いです。

キャッシング ⇒ 無担保で保証人不要の個人向け小口融資

小口だけでなく、ある程度まとまった金額の融資を受けることもできます。
なお消費者金融は信頼できる所が以前よりずっと多くなりました。
借りるさいは専用のカードを用います。
その特徴として申請から融資までの対応が迅速なことがあります。
最近はインターネットから申し込みをして、その日のうちに借りた金額が振り込まれるサービスが
ある所もあります。
急にお金が必要になったときは、このサービスがあると助かります。
無利息で借りられる期間を設けている所もあります。
カードローンとの本来の違いは返済方法でした。 カードローンは複数回に分けて返済、キャッシングは一括で返済するものという考え方もありましたが、近年ではキャッシングの返済方法も利便性を高めるために、複数回の返済にも対応しているので、ほとんど違いはありません。

クレジットカードとキャッシングとの違い

クレジットカードは、加盟店でしか利用できません。
また、商品購入の際に利用するものですので、買い物には便利ですが
現金を手にしたいという時にはカードを使っても手に入れることができません。
その点キャッシングは、クレジットカードと違い、現金が手に入ります。
なので、当然その現金はどこでも使うことができます。
また、返済に関しても、リボルビング払いにすれば別ですが、
カードは利用額がそのまま一括で引き落とされますが、
キャッシングは毎月一定の額を返済することになるというのも大きな違いです。
クレジットカードのキャッシング参考:wikipedia

キャッシングの利点

キャッシングは気軽に借りることができるという利点があります
通常、銀行などから融資を受けようと思えば、保証人を準備しなければならない場合もあるでしょう。
あるいは不動産などを担保にしなければならない場合もあるでしょう。
このように、融資を受けるときにはいろいろと面倒なことも多いのです。
しかし、キャッシングの場合には、保証人も必要ありませんし、
また担保の設定も必要ありません。ですから、気軽に借りることができるのです。

キャッシングの審査について

キャッシングの審査は、至ってシンプルです。
まず、利用者は、利用する金額によっても違いますが、
運転免許証やパスポート等の顔写真付き身分証明書、
そして源泉徴収票などの所得証明書を必要に応じて用意します。
業者は、あらかじめ信用情報機関から得ている信用情報と、
申し込み人の情報を照らし合わせ、問題があるかどうかを判断します。
照らし合わせるだけですので、審査結果はすぐに出ます。10分で借り入れ可能!
などと謳っている業者があるのもこの仕組みのおかげなのです。

銀行、消費者金融、信販、クレジットどれがいいのか?

銀行、消費者金融、信販、クレジットどれがいいのか? キャッシングとは?と考えた時言葉の違い微妙なサービスの 違いがあります。一般的には前述のとおりですがキャッシングは 小口の融資というイメージが強く利用している人が多いでしょう。 しかし、キャッシングでもマックス500万円程度の限度額を 用意している会社もあるくらいですから小口でなく大口の ジャンルに入ることもあると思います。
それぞれの特徴としては具体的にどういった点かを解説したいと 思います。これでキャッシングとは?の疑問が解決?

銀行系のカードローンキャッシング

銀行系のメリットとしては限度額も大きく総量規制の対象外 という点が大きいです。 限度額はフリーキャッシング系の商品で1000万円という 大きな額を用意しているところもあります。 年収云々の問題も借りるときあると思うので、大口で数百万 借りたい場合は銀行系が選択肢の一つになるかと思います。

信販系のローン、キャッシング

信販系は正直比較するとあまり見かけないと思います。 どちらかと言えば、住宅ローンとか、教育ローンとか 小口ではなく大口が多いと思われます。 信頼性という意味では銀行に匹敵するサービスといえる かと思います。

消費者金融系のキャッシング

これは前述の通り小口でスピーディーという目的であれば なじみがあるかと思います。但し、最近ではTHEキャッシング の大手も昔よりもかなり洗練されてきている印象がありますね。

キャッシングで言われるノンバンクとは?

上記以外で人気キャッシングとして扱われるくくりとして ノンバンク系といわれるサービスがあります。 ○○銀行ローンと言っているところは対外が銀行カードローンに 対しノンバンク。つまり銀行でないキャッシングであるという ことになります。

具体的な差とは?

その差はあるのか?銀行であろうが無かろうがサービスが 良ければ問題はないでしょう。 ノンバンクと銀行どういった差があるのでしょうか。 これは総量規制対象外かそうでないかの差になります。 キャッシングとは、歴史をたどると、利用者側の借り過ぎ、債務整理など の問題から利率の見直しを何度もとっている商品です。

ですから規制として総量規制の導入が必須となったわけです。 ですが例外はもうけておかないと、ローンを組み正しい消費をしてくれる 消費者もいるわけで、彼らがローンをして消費ができなくなってしまうのは 大げさでなくGDPなどにも影響するのではないでしょうか。 これは私の勝手な解釈ですが、つまりは必要に使わなければいけない方は 絶対にいるので総量規制対象外の銀行カードローン。 また規制となるノンバンクがあるのは合理的であると言えます。

金融系の「とは?」疑問解決系関連サイト

キャッシングと異音同義語での参考と近い言葉についてまとめている情報を紹介しておきます。

お金の匠ちゃん

消費者金融とは