>   >  超初心者向け:キャッシング申込方法と審査の待ち方

超初心者向け:キャッシング申込方法と審査の待ち方

年齢や収入の多い少ないに関係なく、困ったときにいつでもお金を借りられるのがキャッシングの最大の魅力ですが、これまで一度も利用したことがないという方にとっては、どうすれば始められるのかわからないという方もおられるかも知れませんね。

金融機関は数多くあるので、どこに申し込みをすれば良いのか悩むこともあるかも知れませんが、 一番手っ取り早いキャッシング業者の探し方は、比較サイトを利用することです。

銀行系や消費者金融系など、それぞれの特徴について詳細に説明しているサイトが多いので、 各金融機関のサイトを見て回るのが面倒な方は、比較サイトを利用するようにしましょう。

審査に通りやすい金融機関かどうかもひと目でわかりますし、出来るだけ利息を少なめに抑えたいという方は、低金利の金融機関を利用すれば、返済が長引いてもそれほど利息に苦しめられることはありません。 どの金融機関でも、店舗を訪れるか、電話またはインターネット環境さえあればパソコン、ケータイ、スマートフォンなどでも申し込みが出来るので、お金が足りないときにはすぐに利用が出来ます。

必要な書類は身近にあるモノで基本はコト足りる

キャッシング申し込みに必要な書類は運転免許証やパスポート等、顔写真付きの身分証明書等、はじめての人が身近でいつも手元に持っている部類のモノです。

大きな金額を借り入れるなどの場合、必要に応じて、所得証明書が必要になります。 所得証明書は、源泉徴収票や、確定申告書の写し、給与明細(賞与含む)の写し等が該当します。 一番弊害が少ないのは役所から去年の所得証明を貰うのがいいですが、メンドクサイのは事実。会社へ給与明細を再発行してくださいというのは楽ですがカンの良い経理だと、こいつキャッシングするなってバレバレ…。給与明細は直近3カ月のものがあればどの業者も問題は無いと思うので高額借りる予定がある方は給与明細を保管しておくといいです。

いずれにしても特別な書類は必要なく、銀行等でローンを組むことと比べると、 とても簡単に集めることができるものばかりです。

ああ

探し方はネットが楽だけど安全性には注意

キャッシング会社の探し方は今はインターネットが一番簡単で早く、情報量も豊富で自宅に居ながら何百、何千とある業者の比較がすぐに出来ます。正直ネット以外だと紙の情報誌や電車で見かけた広告くらいでしょうか。比較も糞もありません。

検索サイトで、「キャッシング 比較」と検索してみて下さい。 様々な業者の仕組みを比較してまとめたサイトがたくさん出てきます。

あとはその中から自分に一番合っていると思う業者を選ぶだけです。 金利で選ぶ、大手を選ぶ、等、人によって選び方は様々だと思いますが、後でトラブルにならないように慎重に選んでください。

ネットは楽に探せる事だけがメリットといって過言ではないです。善悪の渦がネットですから探す時はあまり埋もれている情報よりも人目によく触れているサイトなどから選びましょう。

審査は特に気にせず結果待つだけでいい

審査では返済ができるかどうかが対象で、当たり前の収入が安定していれば返済して行く事ができるので安定した収入があれば基本的に審査は通ります。 ただ、安定しているかどうかの基準は金融機関によって異なり、消費者金融ならフリーターでも良いのですが、銀行となると、やはり正社員でないと通りにくいと言う傾向はあります。ですから、金融機関の種類によっては、キャッシングを利用できない場合もあります。

審査はごく当たり前の生活をしていれば通りますから心配せず有名な銀行や消費者金融に申込したほうが良いかと思います。銀行だから審査落ちるかもしれないからマイナーななところにする判断は間違っているかなと。

超初心者向けに書いてみましたがキャッシングの申込ってこんなもんですよ。いくら借りるかよりも、借りた後の返済や、そのお金で何をするのかが大事ですからね。