>   >  無利息キャンペーンにのっかってキャッシング/身内の不幸で他2投稿

無利息キャンペーンにのっかってキャッシング/身内の不幸で他2投稿

石川さんの体験談

家庭を持っていると、急な出費があるものです。
独身なら何とか対応できることも、家庭があるとそうはいかない時もあります。
それに、急な出費は重なることもしばしばあり、まさに今回の私がそうでした。

私の場合、身内に緊急な事態が続けて発生し、しかも家電までもが壊れるという
家計では賄いきれない金額でした。

ですので少し緊張しましたが、キャッシングを利用することにしました。
今まで利用したことがないので、どこへ行けばいいのか相当迷いましたが
返済期限を守れば無利息、というキャンペーンを行っているところがあり
そこへ電話して問い合わせました。 電話の対応もとても感じが良く、
その方が担当になってくれました。
融資までの手続きもスムーズで、返済期限を守ったことで 無利息で、とても助かりました。

山崎さんの体験談

あまり収入の多くない私ですが、身の上に不幸が続いて出費が重なったため、
どうしても首が回らなくなってしまいました。
そこで、初めてキャッシングを利用させていただきました。
過去に利用した経験はないため、審査等の仕組みもいまいちよくわかっていないのですが、
思ったより簡単にお借りすることが出来ました。
返済月額もさほど多くなく、無理なく返済していけるうえ、
ある程度貯まったお金が出来たらいつでも一括返済可能という点は非常にありがたいものでした。
使わないに越したことはないのかもしれませんが、
また機会があれば利用させていただきたいと思っております。

長谷川さんの体験談

誰が言ったか知らないが、
「6月の花嫁は幸せな結婚生活が送れる」なんて余計なことを言ったおかげで、
今月は2組の結婚披露宴に招待されている。
披露宴に出席する前に、エステに行ったほうがよいだろうか・・・
ご祝儀にエステ代、予想外の出費だ。ドレスも新調したい。
やはりキャッシングに頼るしかなさそうだ。 この年になると、
ご祝儀を包むのも悔しくてしょうがない。 今まで包んだご祝儀を、
少しでも良いから回収するには、披露宴で素敵な人をゲットするしかないのだろうか。
そうなると美容院に行く必要もある。 私一人、景気回復に貢献しているようだ。

松田さんの体験談

40歳をいくつも超えて収入が350万以下とか悲しいけど今の世の中仕事に就いていられるだけマシ。
低収入で結婚も出来ないけど独身生活も悪くない。
それは好きなものが自由に買えるからだ。嫁さんがいたらこうは自由にお金を使えないだろう。
先日ちょっと高価なモノがあって欲しかったが買えなかった。
そう言う事からついに消費者金融でキャッシング契約を結んでお金を借りた。
最初サラ金は怖いというイメージがあったが今はネットからでも契約出来るようになって
非常に便利だ。
使いすぎるのは大変な事になるが上手に使えばキャッシングカードは良い武器になる。

⇒キャッシング体験談TOPぺ戻る