>   >  リボルビング返済は利便性と危険性が表裏一体

リボルビング返済は利便性と危険性が表裏一体

キャッシングを利用するまでは、さまざまな不安があるかと思いますが、
いざ借りてしまうとその便利さに慣れてしまって、
ついつい借りすぎてしまう場合が多くあります。

カードローンともよばれるキャッシングサービスは、
専用ATMやコンビニや銀行などの提携ATMから利用できるカードが発行され、
限度額の範囲内であれば、何度でも気軽に借入れ可能である点、
この利便性が特徴といえます。

さらに返済では、リボルビング返済と呼ばれる返済方法が主流となっていて、
この返済方法は、何度利用(借り入れて)も毎月の返済額が一定となることが特徴といえます。

こういった2つの特徴はキャッシングの持つ最大の利便性といえる反面、全体の借入額を把握しにくく、ついつい借りすぎてしまう危険性を孕んでいます。
限度額いっぱいまで借りてしまうと、当然ですがもう追加借入はできず、
それまで追加借り入れ出来ることがあたりまえな感覚で生活していたわけですから、
また借り入れが必要となり、2社目、3社目と、どんどん借り入れが増えてゆくという悪循環に陥りやすいといえます。

キャッシングサービスの持つ特徴を把握しておく

キャッシングは小口融資であり、一括返済などの短期返済を行うサービスとしてスタートしました。しかし、利便性を追求した結果、追加借入可能となったり、リボルビング返済が主流となったりして今日に至るわけです。こういった変遷は利用者の利便性向上のほかにも、貸し付ける側(業者)の利益のためにも一役買っている部分があり、借りれば借りるほど業者は儲かるようなしくみともいえます。

とはいえ貸付をする側の業者も、商売として営業していますし、 上限金利の遵守や、違法な取立てを行わないなど、法律に則った商売なのであれば、もちろん問題にはなりません。

完済するまでは極力追加での借入をせずできれば一括返済を

こういった危険性を回避する方法として考えられるのは、
完済するまでは追加での借入れをせず、可能であれば一括返済することです。
しかし、このような利用方法だとキャッシングの持つ利便性は失われてしまいますね。

どうしても必要な場合だけ追加借入し、できるだけ早期に完済するなど、 利用者の出来る範囲で借りすぎを回避し、
ここで書いたような危険性と利便性の関係を、一通り把握した上で利用するだけでも、
かなり違いがあるのでは?といえるのではないでしょうか。